転職時の面接を上手くこなす方法

,

介護職者にとって転職はより良い待遇で働ける職場を手に入れるために重要になっています。現場経験がある人材なら積極的に採用する施設が多いため、比較的転職も容易なのが現状です。

しかし、現場で働いた経験が十分にあるにもかかわらず面接で落とされてしまう人もいます。よくあるミスとして面接の質問対策をせずに面接に向かってしまっているパターンもありますが、十分に対策をしたはずなのにやはり落とされてしまうという人もいるのが事実です。

落とされてしまう理由が明確ではないようなときには、面接での対応力から落とされてしまっている可能性が高いでしょう。重要なのは面接で聞かれる質問を大体把握した状態で面接に行けるようにすることであり、少しの工夫で実現できます。

介護業界では書類選考なしで直接面接という求人も多く、手間も省ける上に履歴書に自信がない人にとっては不利な面が減りやすいという点でよく選ばれているのは確かです。しかし、面接で苦労しているときにはあえて書類選考のある職場を選ぶのが重要になります。

そして、書類の書き方に工夫をして面接で聞かれるポイントをはっきりとさせておくのが効果的です。例えば、現場経験から御社の施設で働くことで自分の力を生かせると考えましたという記述をしておくと、どんな現場経験ですかという質問を想定しやすくなります。曖昧になりすぎないように気をつけつつ、詳細を聞きたくなる箇所を散りばめるようにするとその部分を質問してもらえるでしょう。それによって質問対策の効果が発揮されやすくなり、面接に有利になります。